×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

                   

2016年春季リーグ戦のご報告(男子)





再び全勝優勝で53年ぶりの春秋連覇!

〜個人賞も多数受賞!〜



 岩本和之  特別賞
 小坂紘平  特別賞
 松田幸大  特別賞
 田中豪  殊勲賞 優秀選手賞
 高橋和也  新人賞

   

   




男子勝敗表  女子勝敗表


〜1日目 9/7 〜

開会式
   
     優勝旗返還                   岩本主将が選手宣誓を行いました

関学 7-0 大経法大

トップ備本が3-0で快勝し、チームを勢いづけ、一気に勝利を決める。後半も勢いを止めることなく7-0で完勝。

   
気合十分で完璧な内容を見せた備本               エース対決でも完勝   

〜2日目 9/8 〜
関学 4-3 京産大
1、2番を取るも3番とダブルスで取り返され、タイに。岩本が0−2から追いつくも一歩及ばず、松田に託される。
最終セットまでもつれるが強気のサービス・レシーブで接戦を制する。

   
 冷静なプレーを見せる                     頼れる男  


〜3日目 9/9午前〜
関学 7-0 関西大
トップで田中が相手エースを下すと一気に関学ペースに。2回目の7−0勝ちを決める。

   
関西王者とのハイレベルな接戦を制する             粘って逆転勝ち


〜3日目 9/9午後〜
関学 6-1 同志社

1〜3番まで危なげなく勝ち、ダブルスも1−2から逆転勝ちを決める。
相手に押されても押し返す、技術や戦術の多彩さを見せた。

   


〜3日目 9/14 〜
関学 7-0 天理
失ったセット数はわずか2つで完勝。最後まで付け入る隙を与えなかった。

   
                             


〜5日目 9/15 〜
関学 4-3 近畿

トップ田中がまず1勝をあげるも2、3番でまさかの逆転負けをし、ダブルスも取られ後がなくなる。
しかし備本が完勝、小坂も3セット目を制して逃げ切り、岩本に託される。
ここまで全勝の白根を相手に1−2から逆転勝ちを決め、主将の役目を果たす。

   
格の違いを見せる                     惜しくも逆転負け…

   
猛追を振り切る                    笑顔がこぼれます


〜最終日 9/16〜
 関学 5-2 立命館
田中、松田が勝利し、2−2タイになった後半は同年代対決となる。
高橋が勝ち、5番備本はフルセットに。マッチポイントを1度つかみ、そこから追いつかれデュースになるも
最後は強気のバックカウンターで優勝を決める。

   
今大会全勝の活躍                  立命戦を全勝で終える

   
試合の流れを渡さず、春の雪辱を果たす               優勝決定の瞬間     

〜閉会式〜





優勝校インタビューにて


最後に最優秀歌唱賞もいただきました。






今大会も多くのOB、OG、ご父兄の方々に応援をいただき、ありがとうございました。
また差し入れを下さった田中様、大塚様、内田様、吉岡様、岩本様、田中様、松田様、小坂様、田中様、古川様、桑名様、緒方様、向山様、久野様松下様、児嶋様、備本様ありがとうございました。




関西学院大学体育会卓球部HP委員 初田拓也