×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

                   

2016年春季リーグ戦のご報告(男子)





男子が再び全勝優勝!

〜田中豪が殊勲賞と優秀選手賞を受賞〜



   
1位の賞状ににっこり                     殊勲賞を受け取る田中 



W受賞!


男子勝敗表  女子勝敗表


〜1日目 4/29 〜
関学 7-0 龍谷

3番でリーグ戦初出場の高橋が0−2とリードを許すが、そこから巻き返し完全に流れを関学に寄せて圧勝。

   
 心技体揃ったプレーで逆転勝ち                   苦しみながらも勝利 

〜2日目 4/30 〜
関学 7-0 甲南
なんと1〜7番まですべて3−0勝ち。大きな弾みをつけた。

   
 一気に勝利を決める                    最後もきっちり勝利   

〜3日目 5/2 〜
関学 6-1 天理
トップで敗れるも2番の田中が流れを切り、完勝。

   
     付け入る隙を与えない              息の合ったプレーが出てきたダブルス  

〜3日目 5/3 午前〜
関学 6-1 関西

3番備本が昨年関西ベスト8の中村をストレートで下す。後半のシングルスで少し苦戦をするも要所を抑えて勝利。

   
                           観客席も盛り上げます

〜4日目 5/3 午後 〜
関学 4-3 立命館
トップで惜敗するも2番備本がすぐに取り返す。3番田中が相手主将との激戦をものにするが、ダブルスを取り返されて2−2で後半へ。
5番小坂が昨年関西王者をフルセットで下し、ラストの松田も第3セットを16-14の接戦の末に取り、勝利を決める。

   
       流れを取り戻すプレー!               粘り強い卓球で貴重な勝利       

   
4回生の意地

〜5日目 5/7 〜
関学 4-3 近畿

1番備本が昨年の雪辱を果たし、続いて高橋も勝利。3番田中が最終セット3-10からの大逆転勝ちで貴重な勝利を挙げる。
ダブルス、後半で3−3と追いつかれるもラストの岩本がストレートで下し、優勝を決める。

   
    執念を見せた                      主将が決めた!     


〜6日目 5/8 〜
 関学 6-1 同志社
トップから3番まで危なげなく勝利し、ダブルスも2−1とリード。このまま決めるかと思われたが、昨日同様逆転負けを喫する。
しかし昨日の様に悪い流れは引きづることなく、後半は1点も与えることなく勝利。昨年同様に完全優勝を果たした。

   
変化に苦しみつつも最後は圧倒              競りながらもラストを締める   


〜閉会式〜

優勝校主将インタビュー

   
                            「みんなの力やで!」






学連のエース、杉本





今大会も多くのOB、OG、ご父兄の方々に応援をいただき、ありがとうございました。
また差し入れをくださった田中亨様、大塚利博様、池上様、松田様、高橋様、田中様、小坂様、岩本様、古川様、荒武様、久野様、松下様ありがとうございました。関西学生に向けて良い結果が出せるよう、部員一同頑張りますので今後も応援よろしくお願いします。



関西学院大学体育会卓球部HP委員 初田拓也