×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

                H27 秋季リーグ戦の報告

平成27年度 関西学生秋季リーグ戦の報告(女子)

        


日時:2015年8月25日~9月4日
場所:京都府立体育館・ベイコム総合体育館

ついに悲願達成!創部初の関西制覇!!
                                    
                                
後列左から、池上晴美(教育1・奈良女子)、久野育美(教育2・愛知みずほ)、新谷真以(法2・遊学館)、津隈ひかり(商1・遊学館)、鯉江春加(経2・西宮今津)
      樫原結衣(商1・三田学園)、児嶋愛子(教育1・城南)、桑名春花(社2・土佐女子)
前列左から、石本楓(教育1・川西緑台)、向山佳那(人2・日南学園)、池田真由佳(商4・四天王寺)濱田美優(教4・城南)、加藤佐代子(社3・名経大高蔵)
      田中遥子(理3・祇園北)、青木沙也花(社1・横浜隼人)、緒方遼夏(国2・明徳義塾)

~ 試合結果 ~
             結果詳細         


◎1日目(8/25)   7-0 京都産業大学(前季7位)
 大事な初戦。トップで池田がストレートで勝利。2年ぶりにリーグ戦に出場した田中は第1セットこそ堅さが見られたが、勢いを切らさず初勝利を挙げる。全員が落ち着いた試合運びを見せて7-0での勝利。
   
                相手校エースに勝利!                       相手校にとって脅威のダブルス

◎2日目(8/26)第1試合 7-0 大阪樟蔭女子大学(前季2部)
 午後のためにも勢いをつけたい第1試合。昨日と同様にトップ池田がストレートで勝利し勢いづける。青木と新谷もこれに続き接戦を制する。勝利を決めても集中力を切らさず会心のプレーで2勝目。
   
              トップで勝利しチームを引っ張る!                   カットマンらしい粘りで逆転勝ち

◎2日目(8/26)第2試合 6-1 立命館大学(前季5位)
 春は接戦で勝利した立命館。トップはフルセットの末に落とすが、2番のエース対決で池田が関西チャンピオンの山内に勝利する。ダブルスも勝利して3-1とした後、6番向山がストレートで勝利し、勝負を決め3連勝。

   
                エース対決で勝利!                       勝利を決めて笑顔のハイタッチ
                         

◎3日目(8/27)   2-5 龍谷大学(前季6位)
 春は6位に低迷したが近大と神戸松蔭に勝利し勢いのある龍谷大。1-2とされ負けられない場面ではあったがダブルスがまさかのストレート負け。1-3と劣勢になり、向山が勝利するも相手の勢いに押し切られて初黒星。しかしラストの新谷が相手エースにフルセットで食い下がるなど意地を見せた。

   
                  連勝途切れる…                         風格の出てきた新谷

◎4日目(9/2)   4-3 神戸松蔭女子大学(前季3位)
 毎度大接戦となる神戸松蔭戦。トップで敗れるも池田が南とのフルセットの同級生対決を制して1-1にする。3番を取られるがダブルスをストレートで勝利し2-2となり、勝負の行方はラストの青木に託される。先に2セットを先行するも3セット目を取られ、4セット目も苦しい展開に。しかし持ち前の粘りだけでなく積極的な攻撃を見せ、デュースの接戦をものにする。

   
             チームを勢いづけるダブルス                        競り勝った青木
                              

◎5日目(9/3)    5-2 近畿大学(前季4位)
 トップで田中がランカー対決をストレートで勝利すると新谷もストレートで勝利。池田は敗れるも相手エースにフルセットまで食い下がり流れを切らさず、ダブルスで勝利。その勢いのまま4,5番もストレートで勝利し快勝。
   
                 ここまで全勝!!                          会心の勝利で勢いづける!

◎最終日(9/4)    4-3 同志社大学(前季1位)
 勝てば優勝に望みをつなぎ、負ければ4位以下の可能性もある大一番。トップで田中が敗れるも、関西トップクラスの成本にフルセットまで食い下がる。続く2番新谷は逆転勝ちで勝利。ダブルスは完璧な内容で勝利し2-2で後半へ。青木はフルセットで敗れるも、池田が高橋との同級生対決をストレートで勝利し、ラストへ繋げる。ラストの桑名は2セット先取され、4ゲーム目も4-8とリードを許すがそこから盛り返し、最終セットは一方的に攻め立て勝利。

   
              逆転で貴重な1勝                               強すぎるダブルス
                     
                                 強気で攻めた桑名


      池田が殊勲賞と特別賞、池田・向山がベストペア賞を受賞!!

   
                                                  特別賞の授与
   
        ベストペア賞を受賞する池田・向山                        優勝インタビューにて




               関学スポーツ編集部によるインタビューが行われました。こちらよりご覧になれます。
                            ご声援ありがとうございました。








関西学院大学体育会卓球部HP委員 初田拓也