×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2008年度夏合宿レポートin香川
日時:9月4日〜7日 
体育館:ツインパルながお 宿舎:春日温泉寒川福祉センター


今年は9月4日〜7日まで香川県さぬき市で夏合宿をおこないました。今年は昨年よりも1泊多い3泊4日でした。


初日は午前9時に関学を出発しました。途中、淡路島のサービスエリアに寄り鳴門海峡を渡って宿舎に向かいました。

◎宿舎と宿舎周辺、体育館の中の写真です。


◎初日は昼からの練習となりました。宿舎と体育館との距離が離れていましたが、宿舎の方に送迎していただきました。
 本当にありがとうございました。香川県は昼間はとても暑かったですが、夜はとても涼しくて快適でした。

◎では1日の流れを紹介していきます。
◎早朝ミーティングの様子です。2日目以降は朝6時に起床して、屋外で1人ずつ前日までに決めた1日の目標を発表しました。
 また、秋リーグで男女とも歌う、校歌を全員で歌いました。そして、ミーティング後は朝食をすませ、宿舎を出発です。


◎午前中におこなった多球練習の様子です。卓球台がたくさんあり、普段の練習よりもより質の高い練習ができました。
 練習のコマとして午前中はフットワークの他にシステム練習、多球練習をおこない、午後は課題練習、ゲーム、
 トレーニング、夜はフットワークとロビング、ドライブ対ドライブといった流れになりました。

◎午後のゲームの様子です。何らかの条件をつけた状況でのゲーム練習をおこないました。
 午後の練習後のトレーニングは体育館の周りを数周走りました。いつもと走るコースが違うのでとても新鮮な
 気持ちでトレーニングができました。
 最終日のトレーニングは何チームかを作って駅伝方式で競い、合宿の最後をしめました。


◎夕食時の様子です。夕食には名物のうどん、すきやき、キムチ鍋などおいしい料理を出していただきました。



◎最終日の練習が終わり、バスに乗り込む直前のミーティングの写真です。
 ミーティングの最後は全員で円陣を組み、秋季リーグ戦に向けて気合を入れました。


☆総括

まず、夏合宿報告の掲載がこのように遅くなりましたことを、心からお詫び申し上げます。
 
 本年度の夏合宿は3泊4日という昨年よりも1泊長い日程となりました。さらに台が18台と豊富にあったため、1コマ1コマの個々人の課題練習も、しっかり時間を取って行うことができたように思います。部員が
35名と大所帯であり、普段の大学の練習では部員全員で一緒に練習を行うことが難しくなっていたので、この夏合宿は、課題練習からトレーニングまでを全員が一堂に会して行うことができる良い機会となりました。また、今年は香川県という遠隔地であったにも関わらず、たくさんのOBの方々が来てくださいました。


 ☆夏合宿に参加してくださったOBさんは以下の方々です。

相川総監督、林女子監督、向山さん、三宅さん、岩崎さん、松山さん、瀧澤さん。

 皆様ご多忙の中、また遠いところを本当にありがとうございました。
 
 夏合宿を終え、さらに秋季リーグ戦もお伝えしましたような結果で終わりました。秋季リーグ戦をもって4回生が引退となりました。男子は次回の春季リーグ戦では1部優勝、女子は1部リーグ復帰を目標に、来春新1回生が入部するまでは23名の新体制で頑張ってまいります。今後とも変わらない叱咤、激励、ご指導のほどをよろしくお願いいたします。

 最後になりましたが、合宿の成功にご協力賜りました関係者各位に深く感謝いたします。

 

関西学院大学体育会卓球部HP委員 清家彩・朝倉健斗




戻る