×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


         関西学院大学体育会卓球部
            2006年 春合宿報告


            3月14日(火)〜17日(金)に本学総合体育館卓球場にて春合宿を行いました。
      
             


☆一日目・14日(火)☆

 部内リーグを行いました。来たる春季リーグ戦に向けて各自が必死のプレーでレギュラー目指して戦いました。


 練習後は自由時間があり、各自さまざまにこの時間を使っていました。少し見ていきましょう!!

 この他にも部員同士で雑談や読書、早くに就寝するものなど、自由時間の使い方は様々でした。


☆ 二日目・15日(水)☆

 今日から合宿恒例の校歌練習と早朝ランニングがメニューに加わりました。そして午前中に前日の部内リーグの残り試合を行い、午後からは各自課題練習を行いました。今日はOBさんが多数来られて卓球場がひときわにぎやかになりました。また練習後にはアドバイスもいただけました。

    
 

練習の後は夕食です。にぎやかなテーブルや黙々と食べるテーブルと様々でした。


☆ 三日目・16日(木)☆

 今日は午前・午後ともに各自課題を行いました。

 夜のミーティングは監督からさまざまなことを教わりました。今回の合宿のテーマである「頭を使って卓球をする」ということについて、もっと深く考えるきっかけをいただけました。また、翌朝のミーティングに向けて各自一分間スピーチの課題を出されました。


☆ 四日目(最終日)・17日(金)☆

 今日は午前中に課題練習と部内リーグ入れ替え戦を行いました。午後からは合宿を締めくくるチーム戦を行いました。4チームに分けて行われたこのチーム戦、優勝チーム以外はスクワットの罰則が設けられており、試合はもちろんのこと、応援にも熱がこもりました。

このチーム戦が終わり、我が部の春合宿は無事修了しました。


☆ 今回の合宿には春から入部が決まっている一年生が3人参加してくれました。これから関学卓球部の一員として頑張っていきましょう!!
  
         

 左より 岡本啓佑 新宮高校(和歌山県)、池本由布 山陽女子高校(岡山県)、西原知世 山陽女子高校(岡山県)
      ※新入生の紹介については後日改めて報告の記事を掲載する予定です。

☆ 今回の合宿に参加してくださったOBさんは以下の方々です。

 亀井さん、福井さん、川口さん、平松さん、相川さん、南賀さん。

 合宿に来訪して頂いたOBさん、技術指導・激励・差し入れをしていただいきありがとうございました。

★ 総括 ★

 今回の合宿は部内リーグや紅白戦といった試合が多かったことが特徴と思いました。春休みの練習の成果を試すいい機会だったことでしょう。また、今までの合宿の中でもミーティングに掛けた時間が一番多かった気もします。ミーティングでは様々な話を聞くことが出来て、卓球への考え方の幅が広がり、視野も広げることが出来ました。
 新一年生もこの合宿に参加しており、我が部がどのような所か感じてもらうことが出来たと思います。これまでと違った環境で戸惑ったこともあったと思いますが、よくがんばってくれていたと思います。新一年生の参加により、新二回生は自分たちが上級生になるという実感と自覚を持つことが出来たことでしょう。
 平日のご多忙にも関わらずこの合宿に参加してくださいましたOBの皆さん、本当にありがとうございました。合宿の内容をより良いものにすることが出来たと思います。この合宿で得たものを今後の試合や練習に生かすよう、日々の練習に精進していきます。
 最後になりましたが、合宿の成功にご協力賜りました関係者一同に深く感謝いたします。

                                               関西学院大学体育会卓球部             
                                                     主将   小嶋悠太
                                                     HP係   大本 徹

                                     戻る